古くなった家をリフォームすることで、低予算で新築気分を味わえるようになりました。

低予算でリフォームするためのポイント情報

住宅をリフォームするタイミングは、いつ?

そろそろ家をリフォームしたいなと感じ始めるのは

新しい家に入居して、どれくらい経った頃でしょうか。多くの方が、入居してから数年後には、リフォームを考え始めると言われています。でも、実際にリフォームに踏み切るには、いくつかのタイミングがあるようです。 この住宅リフォームをするタイミングというのはなかなか重要なことで、このタイミングを逃すと、リフォーム費用が大幅に増大してしまったり、納得のいくリフォームにならなかったりします。ですから、住宅リフォームのタイミングは、逃さないようにしたいものです。

さて、その住宅リフォームのタイミングですが、大きく分けると3つあります。 まず1つ目は、修繕が必要になってきたと感じた時です。これは、雨漏りやひび割れ、浴槽や便器などの痛みなどといった、家の素材の耐用年数を超えているものを直すタイミングで住宅リフォームをするというものです。どんなものでも、徐々に劣化は始まっており、物には周期というものがあります。住宅リフォームでいうなら、新築を建築後、5年でクロスの張替えや給排水管の配管クリーニングなど、小さな破損や汚れが目立ち始め、10年も経つと、キッチンやトイレ、浴室といった水回りに関わる設備が、故障し始めたり不備が出始めたりするといわれています。さらに15年も何も手入れもしないで住み続けていると、土台や瓦といった、目に見えないけれど家全体の構造に関わる部分が痛みはじめ、20年後には全面改装が必要になるくらいになります。ずっと我慢して住み続け、10年や20年後に大改装をするという住宅リフォームもありますし、こまめにリフォームして長く住むという方法もあります。どちらにするかは、個人の好みや経済状態、家族の要因も大きいですね。

その家族の要因というのが、住宅リフォームのタイミングの2つ目になります。

つまり、改良のためのリフォームということです。

結婚して家族が増えたとか、定年後の老後に住みやすいようにするとかいったような、より家族が快適に住める家にするためにリフォームするということですね。一度家を建てたら、そのままの間取りや部屋数で10年、20年と過ごしていくことは難しいことです。子ども部屋が必要になる時期もあるでしょうし、子どもが独立していけば子供部屋が不要になったりもします。数年後、子どもが結婚して、孫を連れて帰ってくるかもしれません。そうなったら、やはり住宅を改良して、家族全員が済みやすいものにしたいですよね。その頃には、老後に備えて、1階に部屋を持ちたくなっていることもあり得ます。こういった、家族の暮らしやライフスタイルに合わせて、住宅をリフォームするというのも、よくある住宅リフォームのタイミングです。

そして住宅リフォームのタイミングの3つ目は、ステップアップのためのリフォームです。例えば、オール電化にしたい、耐震設備を付け加えたいといったような、住宅の機能をアップさせるためにリフォームするということです。 実際のところは、修繕と家族のライフスタイルの変化が重なったタイミングで、住宅リフォームに踏み切るということが、最も多いタイミングとなっています。

リフォームについて

リフォーム業者を選ぶときのポイントなど
リフォームに関する失敗談やトラブルの紹介
リフォームにはどのくらいの費用がかかるのか
どのような流れでリフォームが行われるか