古くなった家をリフォームすることで、低予算で新築気分を味わえるようになりました。

低予算でリフォームするためのポイント情報

住宅のリフォーム、マンションはできる?

住宅のリフォームというと、戸建て住宅を思い浮かべがちですが

実はマンションのリフォームも可能なんです。マンションというと、共有部分もあるからリフォームは禁止と思われがちですよね。 もちろん、マンションでもリフォームできる場所は限られています。ですから、マンション住まいの方でリフォームを考え始めたら、まずは、自分の住んでいるマンションはどこからどこまでならリフォームが可能なのかということの確認から始めるとよいでしょう。

リフォームできるか所は、細かい部分は各マンションによって異なってしまいますが、大まかには、個人の専有部分といわれるところです。個人の専有部分は、マンションの自室の玄関ドア内部から、窓のサッシの内側まで。つまり、窓とベランダの部分は共有部分となっていて、リフォーム出来ません。これは、マンションの外観を守るためなのです。 その他、細かい場所については、各マンションにある規約をよく読むと、どこからどこまでがリフォームできるということがわかってくるでしょう。実はこのリフォームできる箇所というのは、各マンションによって本当に様々で、中には水回り全般は一切リフォーム出来ないというところもあります。水回りのリフォーム禁止となっているマンションでは、以前、水回りのリフォームを行った家庭が、リフォーム後に水漏れトラブルを起こしたため、その後は一切の水回りのリフォームを禁止したのだそうです。またその他にも、業者の指定があったり、浴室のドアだけ交換禁止となっていたりするマンションもあるので、細かく確認する必要があります。

もし各マンションにある規約に納得できず

リフォームをしたいとなったら

マンションの規約に掲載されている手順に則って、規約の変更をすることも可能です。どうしてもリフォームをしたいという時には、考えてみるといいですね。 さて、実際にマンションの住宅リフォームを進めていくにあたっては、一般の住宅リフォームの手順と何ら変わりはありません。リフォームしたい箇所をチェックし、リフォームの目的を明確にしてから、業者をピックアップして相見積を出してもらい、質と価格のバランスを検討したうえで業者を決め、契約を取り交わし、実際の工事に移るという流れです。

ただ、一戸建ての住宅リフォームと違って、マンションのリフォームの場合、壁1枚隔てた隣には、別家庭が生活をしています。ですから、工事による生活の妨害がないよう、十分に配慮しなければなりません。また、駐車場や共有スペースの利用の仕方などにも、細心の注意を払う必要があります。こういった、マンション独特の問題を考えると、マンションのリフォームをするときには、マンションリフォームに非常に慣れていて、実績のある業者にお願いをする方が安心といえます。マンションのリフォームに特化している業者も多いので、そういったところから検討してみるといいでしょう。

リフォームについて

リフォーム業者を選ぶときのポイントなど
リフォームに関する失敗談やトラブルの紹介
リフォームにはどのくらいの費用がかかるのか
どのような流れでリフォームが行われるか