古くなった家をリフォームすることで、低予算で新築気分を味わえるようになりました。

低予算でリフォームするためのポイント情報

住宅リフォームのプラン、あれこれ

住宅リフォームには、家全体をリフォームする全面リフォームから

ある特定の場所だけリフォームする部分リフォームがあります。部分リフォームでは、浴室やトイレ、洗面といった水回りや、外壁、屋根、バルコニーといった外回り、またリビングやダイニング、寝室、玄関などの居室のリフォーム、さらには窓など小さなリフォームなど、非常に多くのリフォーム箇所があります。 全面リフォームは、家のすべてをリフォームするわけですから、一度に家じゅうをきれいにし直せるという点でとても優れていますが、費用が掛かりますし、またリフォーム中、別か所に住まなくてはならないこともあるので、不便になりがちです。

一方で部分リフォームは、気になるところや老朽化したところ等、場所に応じてリフォームしていけるので、予算的にも抑えて済ませることができます。ただ、家全体として考えた時、統一感がなかったり、不自然な作りになってしまったりすることもあります。 このように、一口に住宅リフォームと言っても、家庭の状態や金銭状況によって、プランは人それぞれです。できれば、抑えた価格で質の良いリフォームがしたいものですから、予算の範囲内でどれだけのリフォームができるかということを調べておくというのは、住宅リフォームのプランを立てる上でとても役立つことでしょう。

どのような住宅リフォームをするにしても

1か所にかける予算は、50万円前後から200万円前後までというのが多くのケースです。

最も手を加えたいところに大きな金額をかけ、その他のところは抑えていくというバランスを取りつつ、リフォームを考えていきます。例えば浴室リフォームといったら、価格を抑えたいなら単なるシステムバス等の設備を入れ替えるものになります。それが価格を高くしてくると、システムバスの性能や機能が高いものにできるようになり、さらにはサウナやミストが利用できるようになったり、浴室乾燥機が設置できるようになったりします。

その他の箇所でも、予算と予算内で何ができるかということを検討して、どのようなリフォームにするかを決めていくとよいですね。自分たちの住まいの実態と家族構成、予算に合わせて検討していくと、自然と住宅リフォームの目的と形が決まっていくことでしょう。 また、マンションと戸建て住宅とでは、同じ住宅リフォームでも規制やサイズなど、いろいろな点が違うことが多いので、マンションのリフォームをされるという方は、ぜひ一度展示会等に足を運んで、営業マンなどとよく話し合いをすることをお勧めします。

リフォームについて

リフォーム業者を選ぶときのポイントなど
リフォームに関する失敗談やトラブルの紹介
リフォームにはどのくらいの費用がかかるのか
どのような流れでリフォームが行われるか