古くなった家をリフォームすることで、低予算で新築気分を味わえるようになりました。

低予算でリフォームするためのポイント情報

住宅リフォームで外せない、浴室リフォーム。ここがポイント

住宅リフォームをするなら、メインではなくてもほとんどの方が手を入れる部分というと

浴室や洗面といった水回りですね。特に浴室は、快適に、気持ちよくお風呂に入れるような環境を整えるため、多くの方が希望する箇所です。最近では、ミスト付やジャクジータイプの浴室にすることも出来、非常に多くの種類があります。 さて、そんな浴室のリフォームですが、基本からよく学んでおかないと、失敗する可能性も高いといわざるを得ません。なぜなら、お風呂は住宅の中でも水が集中して使われるところのため、傷みやすい個所だからです。よくわからないから、デザインの希望だけ伝えて後は業者さんにお願いしたということも多いですが、リフォーム後に水漏れ等のトラブルが起きてしまったら、後悔するのは自分ですから、基本的なことだけでも知ってから浴室リフォームに取り掛かってほしいと思います。

まず、お風呂についてですが、今までは在来工法と呼ばれる、周りがタイル張りでそこに防水加工をし、コンクリートで湯船を作っていきました。ただし、この工法では長年使っていれば、自然と水漏れができるようになってきてしまうため、今ではユニットバスが一般的となっています。 ユニットバスは、湯船があらかじめできていて、それを指定されたスペースに埋め込むタイプの浴室です。ユニットバスの出現によって、お風呂のデザインが豊富になり、自由自在に好みに応じてお風呂をリフォームできるようになっただけでなく、水漏れを防ぎ、長く使用できるような機能面でも、大幅な向上となりました。さらに、工事が1日でも済むようになったので、浴室リフォームでも毎日お風呂に入ることができ、当然、予算面でも負担が軽くなりました。

このユニットバスを使えるよう浴室リフォームをするときには

いくつかのチェックをしてほしいと思います。

まずは、スペースの確認です。ユニットバスの浴槽が合うのかどうかですね。特にマンションでの浴室リフォームとなると、サイズは大きな問題になってきます。事前にチェックしておく必要がありますね。また、安全性や肌触り、水漏れの確認などは、確実にする必要があることです。 では、どのような基準で新しいお風呂選びをしたらいいかというと、家庭の状態によるといえるでしょう。例えば、高齢の方がいらっしゃるご家庭では、段差がなく、手すりがあるとよいでしょうし、子どもがいるご家庭では、広めにお風呂が利用できるようにプランニングする必要があります。

また、手入れを簡単にすることを目的にするなら、材質を十分検討した方がいいでしょうし、こだわりのお風呂にしたいという方はジャグジーやミストサウナなど、いろいろな機能を調べてみるといいでしょう。 そしてさらに浴室リフォームで気になる点は、業者選びです。業者選びに失敗してトラブルが起きる場合、浴室は水漏れなどの大きなトラブルになる事が多いので、十分慎重になる必要があります。その判断をする上では、とにかく多くの業者と会うことが重要です。そして、信頼できると思える業者にお願いするとよいでしょう。時には、システムバスをお願いすると、付随して業者を紹介されることもあります。その場合も、念のためよく話を聞いてみると、とても良い業者だということもありますよ。

リフォームについて

リフォーム業者を選ぶときのポイントなど
リフォームに関する失敗談やトラブルの紹介
リフォームにはどのくらいの費用がかかるのか
どのような流れでリフォームが行われるか